HOME > 事例紹介 > ケース5

サーバーを持たないシステムヘの移行支援 [事例紹介]

業種: 公益団体
テーマ: システム更新
ユーザーの要望: ベンダー任せでないシステム運用をしたい

よりセキュアなシステム運営を目指してデータセンター活用

このお客様からは、重要な「会員情報システム」がベンダー任せとなっている為、以下の不安を感じご相談をいただきました。

  • ネットワーク管理は見えない → 誰が閲覧可能なのか
  • 自前のサーバーだが事務所は公共施設 → 電源・空調・配線等全ては把握できていない

 

ITコーディネータの私からのご提案及び対応

セキュリティ、事業継続計画そして昨今のIDCコスト(※)の 低価格化を考えると、ASP、Saas、あるいはサーバーハウジングでも良い。システムの機能とコストが満足できればとりあえずの「クラウドにむけての第一ステップ」になる。

※ IDC(インターネットデータセンター):
通信回線経由で設置されたサーバーをユーザーが利用するサービス施設

新ベンダーの提供するWebシステムは、現行システム運用からの大きな違いがない為、円滑な移行が実現しました。

 

 

ページ先頭へ